杉下右京おススメの紅茶バルテュスの始まりは?

どうしてバルテュスなのか?




相棒で杉下右京がおススメした紅茶はバルテュスです。

このバルテュスとは、人の名前なのですね。
20世紀に活躍したフランスの画家です。

日本とも深いかかわりのある人なのです。
というよりも、大の親日家と言ったほうがいいでしょう。

なにしろ、奥さんが日本の方ですから。

1908年に誕生し、2001年まで、ご存命でしたので、
わりと最近の人ですよね。


このバルテュスに関しては、多くの人が評論をしています。

日本で、割と早い時期に取り上げていたのが
澁澤龍彦氏です。

1965年には、バルテュスについて書いています。

言われてみれば、バルテュスの画風は
澁澤さんが好みそうなものですね。

決して幻想ではないのに、
その中に幻想が見いだせるというところでしょうか。


そのバルテュスさん。
日本びいきであると同時に紅茶好きでもありました。

しかも特定のブレンドが好きなので
「バルテュス」という名のブレンド方法ができたということです。

ここで、おやっと思うのは、
バルテュスがフランス人ということです。
イギリス人ではないのに紅茶好きということですね。

しかしそれは何ら驚くべきことではありません。
なにしろ、紅茶好きの日本人がいるのですから
フランス人がいても一向に構わないのです。